嘘をつくのが難しいのは、嘘をついた瞬間に防衛戦が始まるからだ。防衛戦は消極的なもので、活気に湧くリビドーで戦う人間にとって、陥落を恐れながらじりじりと耐久し、辛勝を掴む、といったことは非常に苦しい。

 それだけではなく、嘘をつくというのは世界に流れる調度から身を離すことでもある。つまり収まるところに収まるものや心地よく調和している構成を単なる個人の都合で強引に捻じ曲げるわけだから、元々調和の中で身を解かしていた私の身体は急激に硬直して、私は調和自体ではなく私だけを居心地悪く見つめることとなる。そうなると急に表情だとか姿勢なんかが気になってくる。元々表情や姿勢などは私ではなく調度が関知する事柄で、思わず笑ったり怒ったり、はたまたなんでもないような時をなんでもないような表情や姿勢で過ごしたりする時は、私がその表情や姿勢のひとつひとつを指揮統率するのではなく、むしろ世界の方から調和する心地よさが示されることによって私は初めて収まりの良い地点を見出している。だから私は自分だけで笑う方法を知らないし、だから嘘をついて笑うのはいつの日も難しい。嘘は孤独である。

 よって、調度の力を借りずに自分1人の力で防衛戦を強いられること、これが嘘をつくことの一側面であり、重苦しさなのだ、と少しまとめることができる。言葉だけ聞くとなかなかに寂しく辛い。

 

 しかしその一方で、ときに人は自らのついた嘘を本当と信じることがある。その時人は自分でついた嘘を心の底から真実とみなすことによって、自らの存在を揺るがす暴力的な調度に対して自らを防御する。

 ただだからと言ってそれが人が孤独な重苦しさに耐えうる強靭な存在であることを示しているわけではない。

 人はやっぱり、弱い。

 嘘を真実と信じる人々は嘘を(比較的)つかない人々と同等に脆い。したがって彼らは嘘を広大に張り巡らせ、嘘の調度を編み出し、そこに自らをうずめる。つまり嘘を支え帳尻を合わせる嘘の数々を自分へと無数についていく。看破からの回避の際だけではなく、私的日常の中でも、嘘を前提とした嘘の行動を取り続ける。変わらぬ日常を演じ続ける。殺していないと嘘をつくのなら、警察の前で殺してないと言うだけではなくて、クーラーボックスに分解された肉片を卑しく隠す傍で、平然と生前の彼にメールでも打つのがよい。たとえ嘘であっても自らの身をそういった調度に預けることによって、人は自らの指揮統率を免責される。上で述べた通り自らの指揮は調度が行ってくれるからだ。つまり嘘は調度として整合性を持った体系へと編み出されていくことによって、迫真性を持った現実的な感覚質へと高まっていく。そこにうずもれば人は決して孤独を感じることはない。嘘による毒を嘘によって制す。嘘の重圧から身を守る嘘の楼閣を築く。

 私はあんまり詳しくはないのだけれど、この話は防衛機制の一側面を感覚的に記述したものとしても見れそうな予感がする。防衛機制は、有り体の調度に対して嘘をつくことなのだ。ただ防衛機制というのは無意識に関わることのようで、つまり私個人が仰々しく理性を発揮して嘘をこさえていく、という表現は現実に即しておらず、むしろ私の関知しない、できないような私の隅の底の流動のようなものが嘘を行使する、と言ったほうがまだ少し正しいのかもしれない。

 たとえば合理化をしている時、人は自分が合理化をしているとは感じていないだろう。むしろ健在的な私は自らの判断が調度に即した無難な落としどころであることを疑ってもいないだろう。それが合理化という嘘だと分かる時は、精神分析を生業とする偉い人が横槍を入れた時なのである。それまで私は自分の中に流れていた合理化という営みに気づけないのだ。

 とはいえ、嘘をついている時、自分が嘘をついているとことに自覚的になるという側面は、確かにある。嘘をついている自分にヒリヒリとした感覚を得ている記憶は、誰の中にもあるはずだ。それこそ嘘の楼閣を固めた人の中にも、あるはずなのである。

 嘘をついたその瞬間の記憶は、楼閣の中にいる人にとって絶対に封じておかねばならない契機である。その記憶を思い出した瞬間、楼閣を構成するさらなる嘘の調度はドミノ倒しのようにその虚構が暴かれ、一瞬で瓦解し、その人は丸裸の自らと対面せねばならない。恐らくそれは惨憺な、グロテスクな瞬間だろう。今までついてきた嘘というものがその瞬間にまとめて自らにのしかかるのである。

 物語などで自らの暗い過去を封印していた人物がその隠蔽を看破され急に発狂するシーンをよく見るが、それは今述べた内容に通じているような気がする。もちろん作者が実際に登場人物に対しどこまでの心情を想定しているかは分からない。しかし過去を隠蔽するのも嘘であるということを考えると、上のように発狂するシーンは、記号としては隠れた過去ただそれのみに慄くものして映されているかもしれないが、私としては、過去の記憶を隠し嘘をつき続けた惨めな自らを直視せねばならないという悶えるような苦痛をも含めた慄きでもあるようにも見えるのだ。

 

 これは他人事ではないのかもしれない。これは私の予想を逸脱しないが、私達は正義という嘘をついているのかもしれない。

 最近国会にトランプ支持者がなだれ込み暴動となったようだが、その時トランプ支持者らは自らを正義と疑わなかったはずだ。そういう大義名分の基盤がなければ行動というものは起こせない。

 しかしそれは欺瞞ではないのか?

 本当はただ動物的にむかついていただけではないのか。そもそも正義とは理念であり胡散臭いものなのである。普遍などあるわけがない。あるのは等しくそれぞれむかついている一定数の群衆であり、そういう数千の肉塊の脈動が“ただあるだけ”なのだ。別に政治的活動を悪く言っているわけではない。ただその活動を正義というパッケージに容れ次第に意気揚々と暴力を振るい始める時、私はそこに欺瞞を感じざるを得ないのである。

 今トランプの敗北宣言等を受けて支持者は何を思うのか。「正義執行のはずがなんでこんなことに」と思う人々はどれほどいるのだろうか。もしそういった人々がいるならば、その時その人々は自らのグロテスクさを直視し、猛烈な吐き気に襲われる。

 議論なんてのもそうだ。尊い理性の下平和的に話し合おう、それが正義だなどと言うが、テレビでも国会でも行われている議論はいつも喧々としていて、結局やっているのはむかつきから相手を殺そうとする戦争ではないのか。結局手許が武器から言葉に変わっただけで、内面的なリビドーは何も変わっていない。しかしそれを「歴史の反省を経て到達した尊い民主主義」などといって先進国が途上国にその制度を敷衍しようとする様を見ると、やはりこれも欺瞞に思えてならない。形式上文面上は尊くとも、その行使が結局戦争なのだから、これもまた大きな爆弾のように思える。爆発した時どれほどの人が欺瞞に気づき、苦しむだろうか。

 私達はいつだって化けの皮を剥がされる可能性がある。今はそういう時代だろう。正義の名の下にいた、少なくともそう言う教育の下にいた私達が、目まぐるしく様々な嘘、欺瞞を看破され、やっぱり人種差別をしていたじゃないか、やっぱり女性蔑視をしていたじゃないかと、単なるむかつきだけによって何かを排斥し続けてきた剥き出しの自らの姿を直視せねばならなくなった。今後もそういうことは起こり続けるだろう。そうなった時、私達は耐えられるだろうか。私達は今後とも、嘘をつき続けた自らのグロテスクさに苛まれ続けることとなる。

 少なくとも私は、そういう文脈で自分が嫌いだったり、逆にもう好きだったりする。

 

誰が「イキリ隠キャ」なのか、誰が「性的搾取」をしているのか

 「イキリ陰キャ」という言葉がある。共同体の中で立場が弱く自らの威勢もまた弱いのに、虚勢を張り攻撃的な態度を取る人間に対する述語だ。かつての中二病の概念をも包括しており、滑稽でユーモラスな皮肉である。

 イキリ陰キャはよくSNSで告発される。匿名性や非身体性を持つ文字列だけが生み出されるその場において、イキリ陰キャは強いられていた抑圧から解放され、多少の勇気の下大きく出る。しかしその大きく出た様が周囲の人間からすれば痛々しい。「頑張っちゃって」と顰蹙を買うのである。健全な精神を持つ彼らからすれば、彼のその言動は「イキリ」に映り、したがって「イキリ陰キャ」の烙印はしかと押されるのである。

 しかしここで見落としてはならないことは、「イキリ」という烙印は存在しても、「イキリ」を実行した人間はいないことである。いま一度「イキリ陰キャ」と烙印を押された彼に改めて注目しよう。

 彼はイキろうとしてイキったのか?

 確かに外野からすれば彼の言動は見るに耐えない虚勢であり、「イキる」という意味に漏れなく当てはまるであろう。しかし彼自身の心情の機微を追ってみると、その心的プロセスの中には「イキる」という意図としての契機が含まれていないように思われるのである。「イキる」というのは情けない行為である。誰も自ら進んでイキろうとはしないだろう。よってそれならば、考えてみれば当たり前かもしれないが、「イキリ陰キャ」の彼でさえ本人からすればイキるつもりで事を起こしているわけではないのではないだろうか。彼はイキろうとしてイキっているわけではないのである。確かに彼のプロセスは形式的には「イキる」の構造と一致している。しかし、その一致が必ずしも彼自身の心的プロセスの構造における「イキリ」の存在を言い当てているわけではない。外から形式的にレッテルを貼るのと、その内実を探るのは大きく異なっているのである。よってこの意味で彼は「イキリ陰キャ」ではない、とも言えまいか。

 「イキリ陰キャ」は存在論にはなり得ない。形式的な述語付けとしての「イキリ陰キャ」はあらゆる現象へとどこまでも先行していくが、その意味通りの実在はどこにも求めることができない。外野から述語付けをした者達には求められないし、「イキリ陰キャ」の彼にも求められない。

 誰が「イキリ陰キャ」なのか。それは誰でもないのである。

 サブカルチャーに関わらずこういった現象は言語を使う中で多く見られる。「あの人はせっかちだ」も「君は傲慢だ」も「お前は仕事をナメている」も、対象の本質を言い当てている命題であるように見えて、その全てが形式的なレッテル貼りの域を越えておらず、その対象における現象の内実には踏み込めていない。その命題を言っている側の判断は形式的には正しいかもしれないが、その中に言われている側の心理的な本質は決して十分に加味されていないのである。レッテルと存在論の混同。形式的な考察と本質的な考察の混同。これによって問題は人々の間で錯綜していく。

 問題は錯綜し齟齬が生まれ、より紐解かれにくくなっていく。しかし私達は今の今までそのことに気付かぬまま問題を解こうと無闇に奮闘し続けてきてしまった。その結果、お前はこうだ、いや違う、いやそうだ、違う、の水掛け論が問題の進展を阻み続けているのではないだろうか。特に差別問題においてこの現象を大きな問題として率先して考えねばならない。

 フェミニストと男性の言い分はときたまに噛み合わない。たとえばフェミニストの「性的搾取」「男性に虐げられる女性」といった主張は男性には刺さらない。なぜなら男性は今までそんな悪業を行っているつもりが全くなかったからだ。(フェミニズムが女性による男性への攻撃という運動ではないということはもちろん承知している。ただここではイデオロギーを実際的に行使する人と人における齟齬という側面を強調すべく、対立が起こりやすい事項を例として選んでいる。)

 そしてこのすれ違いは何に起因するのか、それこそが形式と本質の混同なのである。

 「男性は女性を性的に搾取している」という主張はフェミニストによる目線としては形式的に正確であろう。アニメや漫画等における女性の過度な露出等はフェミニストの主張と形式的に一致する。そしてその形式が多くの人を傷つけたことも無視してはならない重大な事実であろう。しかし当の男性はその主張を真っ当には捉えられない。男性はアニメや漫画の描写等において、決して性的搾取という悪業をしようとして性的搾取をしているわけではないからである。ここが難しい。当たり前だが、進んで悪業を行おうとする者はいない。つまり、男性自身の目線からすれば、彼らは決して、1度も理不尽な悪意をもって女性に接したことはないのである。これが男性の心的プロセスの本来的本質である。(だからといって「性的搾取」の形式が軽んじられるわけでは決してない。むしろこういった男性の本質が無意識に醜悪な形式を生み出していることは大きく問題として取り沙汰されるべきである。)彼らからすれば悪質なことは何もなく、普段通りの女性への態度を取っていただけだったのだが、その構造が外側から突然「性的搾取」と告発されたのである。たとえそれが重要な内容であったとしても、男性がそれを急には受け入れられないのも無理はない。これにより、差別をしてる、してない、の水掛け論が起こってしまうのである。

 先にも述べた言い方をすれば、「性的搾取」は存在論にはなり得ない。あくまでそれ自体は男性の様態に対する外からの形式的な述語付けにとどまるものであり、その実在を男性の中に見ることはできないのである。

 誰が「性的搾取」をしているのか、それは誰でもないのである。

 それならば、フェミニズムにおいて男性の形式を表す述語である「性的搾取」という言葉をそのイメージのまま男性の本質として使用していくことは、問題解決において大きな危険を伴うことになるのではないだろうか。いくらその形式が多くの人を傷つけたとしても、その本質がその形式と一致しているわけではないのなら、それを正確に加味せずしていかにして問題が解決されようか。

 したがってここにおいてフェミニストと男性の双方において形式と本質の区別が求められる。その下で、フェミニストは自らの主張は外からの形式的な主張の域を越えていないのだという慈悲深い理解を、男性は自身の心的プロセスの本質が外からは「性的搾取」という形式として映るものだったのかという反省的な姿勢を獲得せねばならない。これができて初めて、フェミニストと男性は一歩、歩み寄ることができる。形式と本質の混同をしっかり見直すことは、それだけ本質の是非をしかと見つめることである。よってその見直しが明確に行われれば、ともに互いを理解、尊重した議論がフェミニストと男性との間で行われる可能性が初めて生まれる。

 しかしこれから具体的に何をどのように議論していけばいいのか。これは私にもまだわからないことが多い。ただ少なくとも形式的な述語付けと本質との混同を無意識に行ってしまう既存の言語が差別問題の解決には向かないのは言うまでもないだろう。つまり私達はおそらく、問題解決のために新しい言語を用いねばならない。国語でありながらも新しい言語による、本質的な対話が行われなければならない。ではこれはどうすれば実現するのだろうか。そしてどのように実現するのだろうか。...まだわからない。私として考えられるのはここまでが限界だ。

コロナ禍に居座る形而上学

 家にずっといるのがしんどいというわけではない。なんやかんや私はこの1年とりわけ大事な友人も持たず基本的に家にいたので、コロナ禍の中でも平常通りの休暇を過ごしていた。しかもひたすらに本を読むという作業を延々と行えるので、こういった時間を取り続けることが称賛される風潮はどこか私にとってはタナボタだった。Twitterではぼっち系の人々が、同じく束の間の無傷をどこか喜んでいた。「ノーダメでよかった」と僥倖に声を漏らす。ただ、こういったことに神経を逆撫でさせられた人もいたようだ。こういった現状、つまり外に出なくても楽しいもんねぇという現状を自慢するのは幼稚だと知らない有識者がぽろっと言っていた。「幼稚」。幼稚かぁ。

 「幼稚」という言葉には個人の判断を越えた射程がある。甘いやら辛いやらの判断のそれとは別で、主観的な述語というより、世界側に、客観側に重心がある述語である。対象に「幼稚」と表明するのはその人の単なる感想ではない。むしろそれは幼稚という判断をしたまさにその人の烙印を通して、対象を幼稚という類型へと、世界に縛りつける営みなのだ。

 形而上学とはこれである。世界やら物自体やらの「なにであるか」を見出すまさにこの営みである。形而上学は思惟によって現象から第一義的なものを見出そうとする。甘いや辛いは、まぁ、事物の中に甘いや辛いの原因が隠されている、みたいなことはあろうが、実際に事物の中に甘いやら辛いやらのクオリアが入っているわけではない。あくまでそれは現象であり、存在の告知であり、存在そのものではない。一方かの「幼稚」は完全に対象の性質を直接言い当てようとしている。古典的な言い方をすれば幼稚という述語は対象を厳密に類や種へと分割しそのロゴスを暴こうとしている。オーギュスト=コントの言う「根本原理」と「究極原因」を解明する学としての形而上学はここにあるのだ。つまりかの有識者は対象に「幼稚だ」と述語づける中で、暴かれるべきロゴス、根本原理が世界に必然的に存在し、自らはそれを暴くことができるということを前提している。彼はぽろっと、有象無象のぼっち系に対し、非難を通して形而上学的な働きかけをした。彼によればかのぼっち系の性質は幼稚である。それは個人的にそう思ったのではなく、世界の理として、ロゴスとしてそうなのである。

 ただこの営みは本当に適切なのか。日が落ちかかった部屋の中で私は最近よく考える。コロナ禍において、人は倫理に敏感になった。自粛であったり、失われる人命と医療の限界との矛盾であったり、私達は新型コロナウイルスの混乱の中で倫理的問題に多く触れ、SNS等でそれぞれ様々な声を上げる。しかしそのひとつひとつの声がどれほど適切なのだろう。これは単なるリテラシーの話ではない。その背景の形而上学の是非に関わる話である。SNSの中で、コロナ問題に際して巧拙入り混じった様々な形而上学的働きかけをみる。「〜は〜すべきだ。」「〜は失敗だ。」無意識にであれ、人々はロゴスの存在を信じ、ロゴスへのアクセス可能性を信じ、そして実際に思惟によってロゴスを暴こうとしている。ただ、こういった働きは無根拠に可能なことだろうか。すなわち、存在問題だけに関わらず、倫理的社会的現象に関しても、認識論的現象に対する主観的な思想(ノエイン)は物自体における形相(エイドス)を言い当てることができるのだろうか。思想史を顧みれば、それに対して慎重であった数々の偉人がいた。

 まず素朴に考えよう。私達は間違う。見間違うし聞き間違うし判断も間違う。しかもものの見方というのはその人の立場や価値観といったパースペクティブによるものであり、科学的に言えばその人の認知の特徴次第である。よって、認識において形而上学的に確実なことが担保されるのはむしろ稀と言った方が良いかもしれない(思想によっては主客という図式自体が批判に晒されるということもあるのだが、実際問題、現実問題ということを考えると、素朴な自然的態度としての主客の分別というのは前提していた方が自然だと考えられる)。

 そして思想史を顧みて考えよう。形而上学の不可能性の考察は合理論に相対する経験論、特にヒュームの懐疑論から始まり、その2派を総合したカントにて実を結ぶ。鉄板の流れである。カントに言わせれば、感性と悟性そして理性をもってして形而上学を遂行することはできない。客観的に確実に判断できるのは知覚できるものだけであり、知覚の彼岸にある、すなわち文字通り「形而上」にあるロゴスを解明する形而上学は不可能なのである。

 私達は頻繁に大義名分すなわちロゴスにのっとった語りをしばしば行う。「(大義名分にのっとれば)〜は悪い。」「(大義名分にのっとれば)〜は〜すべきだ。」しかし今までに述べてきたことを踏まえれば、この語りは些か乱暴である。確かに理性的判断においては「〜は悪い。」「〜は〜すべきだ。」という命題を思惟し得るだろう。この思惟作用を事実として疑う筋合いはない。しかしそれが知覚できないロゴスとして、すなわち大義名分としてまで存在するというまでの判断は、素朴に見ても思想史的に見ても、乱暴ではないだろうか。私はここに慎重な問題意識を持つべきなのではないかと、もちろん形而上学的命題としてではなく私個人の提案として思うのである。

 繰り返すが、コロナ禍によって人々は倫理を意識せざるを得なくなった。しかし、そこで語られる倫理にはややもすれば謙虚さに欠けるという側面が存在する。各々が自らの発見したロゴスを盲信しているためである。そしてその無謙虚さは横暴さへと変わり、人々はだんだん過激な口調でまくしたてるようになっていく。なぜなら彼らには自らが暴いた大義名分がバックについているからだ。一時の個人的感情、判断がロゴスを正確に映しているとまで誤認し、圧倒的自信をもって攻撃を始めるということがときに起こるのである。

 しかし現実はそれほど甘くはなく、現実として起こっているのは、有象無象があちこちで自らの意見を傲慢に叫び散らしている惨状に過ぎない(それがTwitterだったりする)。

 

 さて今仮に人々の過激な倫理からロゴスが手放されたと考えよう。私は倫理がここから始まるように思う。その時大義名分に自惚れた傲慢な論者はもういない。人々は自らの倫理的な意見を、正義執行としてではなく、謙虚な一意見として述べる。そしてその意見を人々はそれぞれの大義名分の下突っぱねるなどとはせず、不定の解を見出すヒントとして真摯に受け止め、受け止めてから肯定や批判をこれまた謙虚に行う。もう自らのロゴスを押し通すための潰し合いは起こらない。弁証的な擦り合わせの下、ゆらゆらと、しかし確実に、答えへと向かっていく。

 ...本当にそういったことが起こればいいのだが、私は無理だと思う。無理だ。正直私には信じきれない。だからこれを読んで倫理を信じることの出来る勇敢な人がいたならば、ぜひとも頑張ってもらいたい。そういう人がいることを信じ、筆を置く。